スポンサーリンク

タランティーノと彼の映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の背景

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

クエンティン・タランティーノの創作の過程

  • タランティーノは、新しいプロジェクトを急ぎで進めることはなく、楽しみのために執筆活動を続けた。
  • 彼は、1960年代後半のロサンゼルスを背景にした簡単な物語を考案していたが、公開する計画はなかった。
  • このテキストは、当時のハリウッドで活動していた著名人への多くの言及で溢れていた。

タランティーノの映画のインスピレーションの源

  • タランティーノが「イングロリアス・バスターズ」の撮影中、彼のノートから彼の9作目の映画の脚本が生まれた。
  • 映画の中心的なキャラクターは、映画セットでのある二人のスタントマンの関係からインスピレーションを受けた。
  • 1960年代、彼らは映画やテレビのスターとして一般に認識されていた。

映画制作の始まり

  • 2016年にタランティーノは、次の映画のキャスティングを本格的に開始。
  • しかし、長年の友人であるハーヴェイ・ワインスタインが大きなセックススキャンダルの中心に。
  • タランティーノは新しい投資家を探す必要が出てきた。

映画の制作プロセス

  • タランティーノの映画は多くのスタジオに入札され、ソニーが最終的に制作を手がけることとなった。
  • この映画の制作は、タランティーノの過去の映画との関係を完全に繋げるものであった。

キャスティングの背後にある物語

  • タランティーノは、初期の脚本の段階からレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの出演を強く希望。
  • 両者ともに映画への参加を快諾し、タランティーノは彼らを「新しいロバート・レッドフォードとポール・ニューマン」と評した。

映画の参照と背景

  • タランティーノの映画は、多くの参照とオマージュで満ちている。
  • 主要なキャラクターの多くは、実際の人物や事象に基づいて制作されている。

映画の制作とデザイン

  • 映画のビジュアルとデザインは、タランティーノの幼少期のロサンゼルスの記憶に基づいて制作された。
  • カメラワークは、タランティーノと15年以上の関係があるロバート・リチャードソンによって担当された。

コスチュームとデザイン

  • コスチュームデザインは、過去の映画や実際の人物のルックを再現する難しさがあった。
  • タランティーノの映画の中でのコスチュームは、キャラクターの心理を反映している。

この記事は、クエンティン・タランティーノの映画制作の背後にあるストーリーやインスピレーションの源を詳しく説明しています。彼の映画制作の過程や彼が取り組んできた多くの映画の参照、彼の映画でのキャスティングやデザインに関する興味深いエピソードが含まれています。

タランティーノのハリウッド物語

製作の背景

  • 20186月にロサンゼルスで撮影が開始された。
  • オープニングシーンでは、タランティーノの愛されている言及がたくさん含まれている。
  • 監督は、ロケ地を探している間にLee Van Cleefの家を訪れた。その家には巨大な自画像が飾られていた。
  • このデザイン要素は、Rickの家の駐車場に追加されることとなった。

映画のインスパイアとエピソード

  • 映画のタイトルは、Sergio Leoneの作品にインスパイアされたものである。タランティーノは彼をスパゲッティウェスタンの最高の監督とみなしている。
  • 映画内のCadillacは、Michael Madsenのもので、彼はそれを\”Reservoir Dogs\”でも使用した。
  • Madsenの役割は、\”Hateful Eight\”のセットでの冗談から生まれた。
  • 映画の初めには、Sharon TateRoman Polanskiが登場する。

キャラクターとその描写

  • 映画の中でSharon Tateの登場は、映画の中での光と幸福の瞬間として描かれている。
  • 映画の魅力を示すための3つのレベルがある。
  • このシーンにはいくつかの足が登場するが、それは歴史的事実であり、Sharonは裸足で歩くのが好きだった。
  • タランティーノのアイデアは、プロデューサーを驚かせた。彼はコンピュータグラフィックスを避け、すべてをリアルに撮影した。

レトロと現代の組み合わせ

  • タランティーノは、過去の映画やその時代のドライブイン映画からの音楽を使用した。
  • 映画には、タランティーノの以前の作品からのいくつかの熟知された曲が含まれている。

タランティーノの細部へのこだわり

  • 映画の中での各キャラクターは、物語の中で重要な役割を果たしている。
  • しかし、Charles Mansonと彼の家族は、純粋な悪として描かれている。
  • Manson Familyの登場人物の中には、Hollywoodの名家からの代表もいる。
  • 映画の終わりには、Manson Familyの主要な登場人物が再登場する。

イタリアへの旅とその影響

  • Rickはイタリアで映画に出演し、その後、妻を連れて帰国する。
  • 映画の中でのフライトは、すべて特定の航空会社によって運営されている。

映画の終盤とフィナーレ

  • 映画のフィナーレは、Manson Familyの四人組の登場から始まる。
  • タランティーノは、このシーンで歴史を再び書き直している。
  • 映画は、Sharonと彼女の友人たちの命を救い、平和と愛の時代を救った。

映画の完成とリリース後

  • 2018111日に撮影が完了し、その後タランティーノはDaniella Pickと結婚した。
  • 映画の初バージョンは4時間以上の長さだったが、タランティーノは動的な映画を望んでいた。
  • 映画のプレミアは2019722日に行われ、その後3ヶ月で3億ドル以上の興行収入を上げた。
  • 2020年初頭、映画は10のオスカーにノミネートされた。

まとめ

タランティーノは、映画制作の過程での細部へのこだわりや、キャラクターや物語の背景に対する深い理解を持っている。彼の映画は、視覚的な美しさだけでなく、物語やキャラクターの深さにも満ちている。『Once Upon a Time in Hollywood』は、彼のキャリアの中でも最も注目される作品の一つとなっている。

タイトルとURLをコピーしました