スポンサーリンク

アンドレイ・タルコフスキー: 映画の魔法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンドレイ・タルコフスキー: 映画の魔法

スポンサーリンク

1. タルコフスキーの映画の特性

アンドレイ・タルコフスキーは、ソ連の映画監督で、「映像の詩人」と呼ばれるほど独自の映像美と深い精神性を持った作品を数多く残しました。

彼は1932年にロシアのザブラジェという村で生まれ、父はウクライナの詩人でしたが、幼少期に家を出てしまいました。

タルコフスキーは音楽や絵に興味を持ちましたが、経済的な困難や結核などの苦難に見舞われました。

1954年に全ソ国立映画大学に入学し、ミハイル・ロンムのもとで映画を学びました。

彼は卒業制作短編の『ローラーとバイオリン』でニューヨーク国際学生映画コンクールで第一位を受賞し、注目されました。


彼の長編映画監督デビュー作は、1962年の『僕の村は戦場だった』で、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を史上最年少で受賞しました。

この作品では、彼の代表的なモチーフである水や夢などが登場しています。

その後、ロシアのイコン画家の生涯を描いた『アンドレイ・ルブリョフ』や、スタニスワフ・レムのSF小説を原作とした『惑星ソラリス』などの名作を制作しましたが、ソ連当局との対立や検閲に苦しみました。

 

1979年にはストルガツキー兄弟と共同脚本で『ストーカー』を撮影しましたが、この作品はタルコフスキー自身が最も愛した作品だったと言われています。


しかし、彼は表現の自由を求めてソ連を出国し、イタリアやフランスで活動しました。

1983年には『ノスタルジア』を、1986年には『サクリファイス』を完成させましたが、同年12月にパリで客死しました。


彼は54歳でした。

タルコフスキーは、西側の文化に影響を受けながらも、ロシア正教や自然への敬愛など自身のルーツを忘れない作家でした。

彼は映画を「時間の彫刻」と呼び、長回しや静止画などを駆使して時間感覚や空間感覚を変容させる技法を用いました。

彼の作品は難解とされることもありますが、その美しさや深遠さは多くの人々に感動を与えています。

  • タルコフスキーの映画は他の何とも異なる、特有の魔法に包まれている。
  • 彼の映画の中での通信や伝達は言葉を超えたものである。
    • 感情はメッセージを伝える別の方法であり、正しいイメージは言葉を超えた感情を表現できる。

2. ポエトリックなアプローチ

  • タルコフスキーは、普遍的なメッセージを表現するための単一のイメージを使用する詩人と考えられる。
  • 彼の作品は独自の手法で展示され、映画としての芸術に提供できるものを発見するための独自性を追求していた。

3. ヴィジュアルランゲージの一貫性

  • 彼の映像言語は彼のキャリア全体で一貫している。
    • タルコフスキーの最も魅力的な特徴の一つは、彼の写真家としての背景に起因する可能性がある、構図である。

4. テクスチャの魅力

  • タルコフスキーは現実世界を投影するのが好きで、彼のテクスチャは自然主義的な要素を通じて作られる。
  • テクスチャはシーンに視覚的な興味を加えるだけでなく、イメージ内の感情を強化する。

5. 音の重要性

  • タルコフスキーの映画は非常に静かな映画の一部であり、静寂は何かへの期待を構築する素晴らしい方法である。
  • タルコフスキーは感情に対応する音を選び、それを強調する。

6. 映画の意味と解釈

  • タルコフスキーの映画には予めパッケージ化された結論はなく、そこには真実が存在するが、観客とアーティストの双方にとって未知のままでなければならない。
  • 彼は観客に自分自身の意味を発見させることを目指していた。

7. 長いカットの利用

  • タルコフスキーの長いカットの使用方法は、カメラの動きに何らかの動機がある場合にのみ有効である。
  • 長いカットを使用すると、時間の流れの重要性を強調することができる。

8. 映画制作における哲学

  • タルコフスキーの映画は哲学の一種であり、人々が自分たちの経験をより深く理解するのに役立つものである。
  • 彼は、視聴者との感動的な共鳴を通じて現実と関連づけることで、人生の美しさを私たちに明らかにした。

この記事を通して、アンドレイ・タルコフスキーの映画の独特の魔法と、彼の作品が視聴者に伝える感情と意味の深さを理解していただけたことを願っています。

タイトルとURLをコピーしました