スポンサーリンク

キュンキュンしながら涙する!恋愛心理学で分析する映画好きが選ぶ人生マイベスト映画TOP10【永久保存版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、たれぱんです。

今日は、私が人生で観た中で最も感動した映画をランキング形式で紹介したいと思います。

これらの映画は、キュンキュンするだけではなく、涙腺崩壊するほど感動する作品です。

しかも、恋愛心理学の観点から見ると、登場人物たちの心理や行動に深い意味があります。

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

10位:『アバター』

この映画は、地球から遠く離れた惑星パンドラに住む青い肌のヒト型生物ナヴィと、彼らに擬態した人間のアバターとの間に起こる壮大な物語です。ジェイク・サリーは、アバター計画に参加してパンドラにやってきますが、そこでナヴィ族のネイティリと出会い、恋に落ちます。しかし、人間とナヴィの間には深刻な対立があり、ジェイクは二つの世界の間で苦悩します。

この映画は、異文化コミュニケーション自己同一性に関する作品です。異文化コミュニケーションとは、異なる文化や価値観を持つ人々との交流や理解を意味します。自己同一性とは、自分自身の存在や属性を認識し、他者と区別することを意味します。ジェイクは、アバターとしてナヴィ族の文化や言語を学びながら、彼らとのコミュニケーションを深めていきます。しかし、同時に自分が本当にどちらの世界に属しているかという問題に直面します。最終的には、自分の心に従って決断を下します。

この映画は、異文化コミュニケーションや自己同一性に関するジェイクの葛藤や成長物語であり、観る者にも多くの考えさせるメッセージを与えてくれます。また、美しいパンドラの風景や生物たちも圧巻です。特に、ジェイクとネイティリの恋愛シーンはキュンキュンしますし、人間とナヴィの戦闘シーンは涙腺崩壊します。この映画を観て、あなたもジェイクの気持ちに共感してみてください。

9位:『君の名は。』

この映画は、田舎町で暮らす女子高生三葉と東京で暮らす男子高生瀧が、夢の中で入れ替わるという不思議な現象に巻き込まれる物語です。二人はお互いの生活や環境に戸惑いながらも、メモやスマホを通してコミュニケーションを取り、次第に惹かれ合っていきます。しかし、二人の間には予想もしない秘密が隠されていました。

この映画は、運命に関する作品です。運命とは、恋愛において不可抗力な要素であり、偶然や必然によって相手と出会ったり別れたりすることを意味します。とは、恋愛において重要な要素であり、相手との心のつながりや信頼関係を意味します。三葉と瀧は、運命的に入れ替わることで出会いますが、その理由や背景は謎に包まれています。しかし、二人は入れ替わりの中でお互いのことを知り、絆を深めていきます。最終的には、運命に抗って二人は再会を果たします。

この映画は、運命や絆に関する三葉と瀧の感動的なラブストーリーであり、観る者にも夢や希望を与えてくれます。二人のやりとりはとてもキュンキュンしますし、二人の過去や未来も興味深く見ることができます。特に、二人が名前を呼び合うシーンは涙腺崩壊必至です。この映画を観て、あなたも三葉と瀧の運命に感動してみてください。

8位:『ラ・ラ・ランド』

この映画は、夢を追う女優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンが、ロサンゼルスで出会い恋に落ちる物語です。二人はお互いの夢を応援しながらも、現実の壁にぶつかっていきます。やがて、二人の関係は試練にさらされますが、二人はそれぞれの道を歩んでいきます。

この映画は、選択に関する作品です。とは、恋愛において重要な要素であり、自分の目標や理想を意味します。選択とは、恋愛において重要な要素であり、自分の気持ちや状況に応じて相手との関係を決めることを意味します。ミアとセバスチャンは、夢を追うことで出会いますが、その夢が二人の関係に影響を与えます。二人は夢と恋愛の間で悩みながらも、自分たちの選択を尊重し合います。

この映画は、夢や選択に関するミアとセバスチャンの切ないラブストーリーであり、観る者にも多くの感情を揺さぶってくれます。二人のダンスや歌はとてもキュンキュンしますし、二人の苦悩や決断も共感できます。特に、ラストシーンは涙腺崩壊必至です。この映画を観て、あなたもミアとセバスチャンの夢に感動してみてください。

7位:『ロンゲスト・ライド』

この映画は、大学生のソフィアと元ロデオ選手のルークが、交通事故で重傷を負った老人アイラと出会い、彼の過去の恋愛物語を聞くことで自分たちの恋愛に影響を受ける物語です。アイラは、第二次世界大戦中に美術史家のルースと恋に落ちますが、戦争や家族の反対などの困難に直面します。ソフィアとルークもまた、夢や価値観の違いなどの問題にぶつかりますが、アイラから学んだことで恋愛を深めていきます。

この映画は、過去未来に関する作品です。過去とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手の経験や記憶を意味します。未来とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手の目標や展望を意味します。アイラは、過去の恋愛を回想しながら、ルースへの愛情を語ります。ソフィアとルークは、未来の恋愛を考えながら、アイラからの手紙を読みます。最終的には、過去と未来が交差して二組のカップルが繋がります。

この映画は、過去と未来に関するアイラとルース、ソフィアとルークの感動的なラブストーリーです。二組のカップルは時代や背景が異なりますが、同じように愛し合っています。二組の恋愛シーンはキュンキュンしますし、二組の苦難や奇跡も涙腺崩壊します。この映画を観て、あなたもアイラとルース、ソフィアとルークの恋愛に感動してみてください。

6位:『きみに読む物語』

この映画は、老人ノアが老人ホームで暮らすアリーに彼女自身の物語を読み聞かせることで彼女の記憶を呼び戻そうとする物語です。ノアは若い頃にアリーと出会い恋に落ちますが、彼女の両親や第二次世界大戦などの障害によって別れてしまいます。しかし、二人は数年後に再会し、再び愛し合います。しかし、アリーは老年期に認知症になりノアのことを忘れてしまいます。

この映画は、記憶忘却に関する作品です。記憶とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手との出来事や感情を思い出すことを意味します。忘却とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手との出来事や感情を思い出せなくなることを意味します。ノアは、記憶を失ったアリーに彼女自身の物語を読み聞かせることで、彼女の記憶を取り戻そうとします。しかし、アリーは忘却の中でノアのことを時々しか思い出せません。

この映画は、記憶と忘却に関するノアとアリーの切ないラブストーリーです。二人の若い頃の恋愛シーンはキュンキュンしますし、二人の老年期の恋愛シーンは涙腺崩壊します。特に、ラストシーンは感動的です。この映画を観て、あなたもノアとアリーの記憶に感動してみてください。

5位:『タイタニック』

この映画は、1912年に起きた豪華客船タイタニック号の沈没事故を背景にした、貧しい画家ジャックと裕福な令嬢ローズの悲恋物語です。ジャックは偶然手に入れたチケットでタイタニック号に乗り込みますが、そこでローズと出会い恋に落ちます。しかし、ローズは別の男性と婚約しており、二人の関係は周囲から反対されます。さらに、タイタニック号は氷山に衝突し沈没してしまいます。

この映画は、階級生死に関する作品です。階級とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手の社会的地位や経済的状況を意味します。生死とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手の命の有無や危機を意味します。ジャックとローズは、階級の違いによって恋愛が許されない状況にありますが、それでも愛し合います。しかし、生死の危機に直面したとき、二人は別れることを余儀なくされます。

この映画は、階級や生死に関するジャックとローズの感動的なラブストーリーです。二人の恋愛シーンはキュンキュンしますし、二人の別れシーンは涙腺崩壊します。特に、ラストシーンは有名です。この映画を観て、あなたもジャックとローズの恋愛に感動してみてください。

4位:『幸せの黄色いハンカチ』

この映画は、1977年に公開された日本映画であり、北海道へ向かう車中で知り合った三人組が繰り広げるドラマです。運転手の田中は元ボクサーであり、妻が浮気したことで離婚した過去を持ちます。同乗者の佐藤は元大学教授であり、妻が亡くなった後に自殺未遂を起こした過去を持ちます。もう一人の同乗者の女性は名前も年齢も明かさない謎の人物です。三人は互いに打ち解けながらも、それぞれの秘密や苦しみを抱えています。

この映画は、人生再生に関する作品です。人生とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手の過去や現在や未来を意味します。再生とは、喪失したものに対する執着を手放し、新しい自分や関係性を築くことです。田中と佐藤と女性は、人生のどん底にいる状態から出会いますが、旅の中でお互いの話を聞いたり励まし合ったりして、再生へと向かっていきます。最終的には、三人はそれぞれの道を歩むことになりますが、その前に幸せな時間を共有します。

この映画は、人生や再生に関する田中と佐藤と女性の感動的な物語です。三人のやりとりはとてもキュンキュンしますし、三人の背景や心情も深く感じることができます。特に、ラストシーンは涙腺崩壊必至です。この映画を観て、あなたも田中と佐藤と女性の人生に感動してみてください。

3位:『きみに読む物語』

この映画は、老人ノアが老人ホームで暮らすアリーに彼女自身の物語を読み聞かせることで彼女の記憶を呼び戻そうとする物語です。ノアは若い頃にアリーと出会い恋に落ちますが、彼女の両親や第二次世界大戦などの障害によって別れてしまいます。しかし、二人は数年後に再会し、再び愛し合います。しかし、アリーは老年期に認知症になりノアのことを忘れてしまいます。

この映画は、記憶忘却に関する作品です。記憶とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手との出来事や感情を思い出すことを意味します。忘却とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手との出来事や感情を思い出せなくなることを意味します。ノアは、記憶を失ったアリーに彼女自身の物語を読み聞かせることで、彼女の記憶を取り戻そうとします。しかし、アリーは忘却の中でノアのことを時々しか思い出せません。

この映画は、記憶と忘却に関するノアとアリーの切ないラブストーリーです。二人の若い頃の恋愛シーンはキュンキュンしますし、二人の老年期の恋愛シーンは涙腺崩壊します。特に、ラストシーンは感動的です。この映画を観て、あなたもノアとアリーの記憶に感動してみてください。

2位:『タイタニック』

この映画は、1912年に起きた豪華客船タイタニック号の沈没事故を背景にした、貧しい画家ジャックと裕福な令嬢ローズの悲恋物語です。ジャックは偶然手に入れたチケットでタイタニック号に乗り込みますが、そこでローズと出会い恋に落ちます。しかし、ローズは別の男性と婚約しており、二人の関係は周囲から反対されます。さらに、タイタニック号は氷山に衝突し沈没してしまいます。

この映画は、階級生死に関する作品です。階級とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手の社会的地位や経済的状況を意味します。生死とは、恋愛において重要な要素であり、自分や相手の命の有無や危機を意味します。ジャックとローズは、階級の違いによって恋愛が許されない状況にありますが、それでも愛し合います。しかし、生死の危機に直面したとき、二人は別れることを余儀なくされます。

この映画は、階級や生死に関するジャックとローズの感動的なラブストーリーです。二人の恋愛シーンはキュンキュンしますし、二人の別れシーンは涙腺崩壊します。特に、ラストシーンは有名です。この映画を観て、あなたもジャックとローズの恋愛に感動してみてください。

1位:『世界一嫌いなあなたに』

この映画は、亡くなった夫から届く手紙に導かれて、新しい人生を歩み始める未亡人ホリーと、彼女を見守る家族や友人たちの物語です。ホリーは夫ジェリーとの幸せな日々を思い出しながら、手紙に書かれた様々な課題に挑戦していきます。その中で、ホリーは自分自身や周りの人々と向き合い、失った愛を乗り越えていく姿が描かれます。

この映画は、亡くなった夫から届く手紙に導かれて、新しい人生を歩み始める未亡人ホリーと、彼女を見守る家族や友人たちの物語です。ホリーは夫ジェリーとの幸せな日々を思い出しながら、手紙に書かれた様々な課題に挑戦していきます。その中で、ホリーは自分自身や周りの人々と向き合い、失った愛を乗り越えていく姿が描かれます。

この映画は、喪失再生に関する作品です。喪失とは、愛する人やものを失ったときに起こる心理的な反応であり、悲しみや怒り、罪悪感などの感情が生じます。再生とは、喪失したものに対する執着を手放し、新しい自分や関係性を築くことです。ホリーは夫の死によって喪失感に苦しみますが、夫からの手紙に励まされて再生へと歩んでいきます。最終的には、新しい恋や仕事を見つけて幸せになります。

この映画は、喪失と再生に関するホリーの感動的な物語です。夫から届く手紙や電話メッセージはキュンキュンしますし、ホリーの成長や変化も涙腺崩壊します。特に、ラストシーンは感動的です。この映画を観て、あなたもホリーの気持ちに共感してみてください。

以上が私がおすすめする【永久保存版】映画好きが選ぶ!人生マイベスト映画TOP10です。これらの映画は、恋愛心理学の観点から見ると、登場人物たちの心理や行動に深い意味があります。それぞれの映画には、キュンキュンするシーンや涙腺崩壊するシーンが満載です。私はこれらの映画を観て、感動したり考えさせられたりしました。あなたもこれらの映画を観てみて、恋愛心理学の知識を深めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました