スポンサーリンク

北野武はBROTHER(ブラザー)で何を描きたかったのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

5BROTHER(ブラザー)

劇場公開日 2001年1月27日
日本・イギリス合作 配給:オフィス北野、松竹
監督:北野武
脚本:北野武
出演:北野武、オマー・エップス、真木蔵人、加藤雅也、寺島進、大杉漣

ヤクザの抗争の最中、組を追われ、ロサンゼルスに留学している弟・ケンを頼って渡米した山本。ケンは、黒人デニーたちとヤクの売人をしていた。そんな彼らが起こしたひとつの事件が、縄張り抗争に発展。ヒスパニックのチンピラからチャイニーズ、イタリアン・マフィアをも巻き込んだ、絶体絶命の戦争が始まった……。

北野武はBROTHER(ブラザー)で何を描きたかったのか

「日本人を徹底的にカッコよく撮りたかった」の主旨の元撮られた作品。

とうの昔に失われてしまった「武士道」を感じさせる(個人的見解)

北野武はBROTHER(ブラザー)のこのカットがすごい!

「ロスに到着して弟(真木蔵人)の住処を探す山本(武)。街を歩いていると黒人(オマー・シャリフ)とぶつかる。紙袋に入ったワインが落ちビンが割れる。偶然ではなくいわゆる「ワイン当たり屋」の手口。難癖をいろいろつけ始める。割れたビンを拾う山本。ニヤリと笑い、ギザギザになった部分を目を目掛けて突き刺す。目を押さえながらその場に崩れ落ちる黒人。山本は何もなかったかのようにその場を立ち去る。そのカット割が細かく見事。」

「対立する組織に拉致される。車の後部座席。両脇に二人。助手席に一人。銃をコミカメに突きつけられる。山本の嫌そうな顔。次の瞬間ポケットに隠し持っていた銃が爆発する。瞬時に両脇の二人は射殺される。最後に運転手。車が暴走し、ぶつかり停車する。助手席の男がフラフラしながら近くのフェンスに向かって歩く。容赦無く射殺する」

「拉致った組織のボスを殺りに向かう。ボスの後ろの3人のボディーガードを瞬時に加藤(寺島進)が射殺。ビビるボス。「一発で仕留めたら10ドルでどうだ?」部下に言う山本。それを英語に訳す真木蔵人。ボスもその意味を知り、さらにビビる。山本自ら撃ち殺す。派手に血が後ろの壁に飛び散る。」

「組織をもっと大きくするために加藤は日本人街のボス白瀬(加藤雅也)の元に乗り込む。山本にも一言も告げずに。「兄貴には命掛けてるからよー」と白瀬にいい放つ。白瀬は拳銃を渡し覚悟を見せるよう煽る。躊躇なく拳銃を手に取り自分の頭に向ける加藤。「よろしく頼むぜ、オジキ」と笑顔で白瀬に言い引き金を引き頭を撃ち抜く。このシーンは寺島進の生涯No. 1の演技なのは間違いない。」


タイトルとURLをコピーしました