スポンサーリンク

北野武のソナチネ(ピアノ曲じゃないよ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3ソナチネ

劇場公開日 1993年6月5日
制作国:日本 配給:松竹
監督:北野武
脚本:北野武
出演:北野武、国舞亜矢、渡辺哲、勝村政信、寺島進、大杉漣、矢島健一

あらすじ
北野武がビートたけし名義で主演も務めた監督第4作で、沖縄の抗争に助っ人として送り込まれたヤクザが激しい戦いに巻き込まれていく姿を、独特のユーモアを交えながら淡々としたリズムで描いたバイオレンスドラマ。広域暴力団・北嶋組の友好団体である中松組が、沖縄の阿南組と抗争になった。北嶋組傘下の村川組組長・村川は助っ人を命じられ、手下たちを連れて沖縄へ向かう。しかし彼らの加勢をきっかけに抗争はますます激化し、手下たちが次々と命を落としていく。海辺の廃屋に身を隠した村川たちは、少年時代に戻ったかのように無邪気に遊んで過ごすが……。

北野武のソナチネ(注:ピアノは出てきません)

「随所に死へのメタファーが見られる。当時の武の希死念慮に取り憑かれた精神状態がわかる作品。あ、ストーリーもメッセージも何もないです。死、死、死。」

要するに

北野武のソナチネでは海辺でピアノ弾きません

それなんて「ピアノレッスン」?

津田 寛治がソナチネに出ているんだよ

映画ファンの常識であろうがあえて、津田 寛治がソナチネに出ているよ!と書いてみる。
喫茶店のウェイター役の彼が津田 寛治だよ。
当時は本当に喫茶店のウェイターやってた。
リアリズムにこだわる北野武らしいキャスティングだね!(適当)

国舞亜矢をたけしは大好きなんだよ(おっぱい)


たけしの目線の目線の先には‥

国舞亜矢のたけしが大好きなおっぱいが🤤

下記のデータはこの作品を理解する上で非常に重要だと思うので記しておく。
(身長:162cm、バスト:85cm、ウエスト:58cm、ヒップ:84cm。)

結論:国舞亜矢のおっぱいをたけしは愛している

このカットがすごい!

「スナック。対立する組織の殺し屋に襲われる。棒立ちで銃を撃ち合う。表情は虚無的。仲間が被弾して倒れていく。ハリウッド映画のリアリティとはまた違うリアリティがそこにはある」

「海辺でロシアンルーレットをして仲間達とふざけ合っているシーン。一人一人順番に引き金を引いていく。もちろん銃弾は発射されない。最後の一発の所で武に順番が回ってくる。笑いながら、「オレか?オレの順番だよな?」と言い放つ。銃をコミカメ当てる。引き金を引こうとする。止めに入る仲間達。引き金を引き頭の反対側から血が噴出するイメージシーン。現実に戻り、笑ながら引き金を引く武。が、銃弾は発射されない。銃を仲間達に渡しその場を立ち去る。仲間達は銃を調べる。「なんだよ、弾入ってねぇじゃねぇかよ」

「死体が出ると「海捨てちゃお」をすぐ言う。そして海に捨てに行く。」

「釣り人のおじいちゃん。実は凄腕の殺し屋。ホテルのエレベーターで再会。密室で壮絶な銃撃戦になる。被弾し倒れ込んだ殺し屋にトドメの一撃を撃ち込む。グフっと声をもらし絶命する。」

「ホテルに一人で組織の構成員を皆殺しに行く。ホテルの電源を全て落とす。暗闇の中、サブマシンガンで撃ちまくる。発射炎で暗闇がフラッシュのように光る。光るたびに敵が倒れていく。」

「組織を壊滅させたあと。一人で車の中。しばらく何かを思いつめている。突然銃を取り出し頭を撃ち抜く。ストーリー的にはまったく関係のないラストシーン。生きる事への虚無感が感じられて好きなラストシーン。」


タイトルとURLをコピーしました